オムツ交換 早くやるコツ【おむつセンサーを使ってみた】

おむつセンサー オムツ交換

スポンサーリンク

オムツマン 尿漏れ 男

どうも!

オムツを真面目に考える男、「オムツマン」です。

10月になってくると、水分量が減り、風邪による咳などで尿失禁が増えると報告されているが、みんなは大丈夫か?

本日は、国際福祉機器展で最もシェアされた人気商品【おむつセンサー】を紹介するぞ。

おむつセンサー オムツ交換

実際にどうやって使うかなど、説明していく。

この記事を見つけた人は、「オムツ交換 早くやるコツ」と検索している人たちが多いのかもしれないが、オムツ交換を早くやるテクニックではなく、結果的にオムツ交換が早くなる商品を本日は紹介したい

男性のおむつの当て方はこちらで確認してくれ。

男性の尿とりパッドの当て方・巻き方の手順【ロート巻き】

2018.10.09

 

介護で困ることは排泄「オムツ交換」

介護 排泄 おむつ交換

多くの介護者がオムツ交換の大変さを感じている。

仰臥位から横になっていただき、また戻って反対向きに。

腰痛で仕事を休む原因にも繋がる危険がある。

 

ツイッターで話題となった「介護用おむつセンサー」

 

バズる オムツマン

61リツイート、153いいねを獲得して、ツイッターでは「#国際福祉機器展」では、最も多くの方にみられた商品が、「介護用おむつセンサー」だ。

朝日産業さんのブースに置かれており、オムツマンの兄弟のケンイチ君に説明していただいた。

オムツ交換を早くやるコツ「おむつセンサー」

この介護用おむつセンサーを使えば、無駄なオムツ交換が減るはずだ。

おむつセンサー レビュー

センサーをおむつの上に貼る。

スポンサーリンク

1番濡れていると思われる位置を探す。

位置を変えながら、最適な場所を見つけたほうが良い。

おむつセンサー アプリ

こちらからダウンロードしよう。

iphoneとGoogleplayからダウンロードできる。

 

オムツセンサー アプリ

仕組みとしては、温度と湿度でセンサー反応する。

水色→青色→オレンジ色→赤色の順で緊急度を教えてくれる。

大人用だけでなく、赤ちゃんにも使用できる。

うまくいかない「やり方のコツ」

おむつセンサー

実際に私も実験を繰り返したが、なかなか上手くセンサーが反応してくれなかった。

知り合いの方にも協力いただいたが結果は、「うーーーん」だ。

感度の調整も可能であるが、最初からうまく測定できるとは思わないほうがよい。

アプリを使わないこちらの「パルース」のほうがシンプルだ。

パルース(ポータブル排尿検知器) 7083 (ウチヱ)

パルース(ポータブル排尿検知器) 7083 (ウチヱ)

8,310円(11/18 18:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
こちらは服の上からおむつが濡れているか簡単に確認できる。

介護する人、介護をされる人、どちらにもメリットがある。

介護をする人:無駄な尿漏れ確認が減る。

介護をされる人:すぐに尿取りパッドを変えてもらえると、皮膚トラブル対策にもなるし、不快感が少なくて済む。

わざわざ「おむつセンサー」を使わなくても、排尿日誌などで、排尿パターンを把握し、定時誘導できればそれほど問題はないかもしれない。

「無料ダウンロード」排尿日誌の目的は?

2018.09.12

まとめ

本日は、国際福祉機器展2018にて一番SNSでバズっていたアイテム「介護用おむつセンサー」を紹介したぞ。

おむつに当てるだけで、尿が出ているかを教えてくれるので、無駄なオムツ交換がなくなる。

アプリをスマートフォンにてインストールして使用する。

4段階で色分けされており、緊急性が一番高い赤色になるとアラームでお知らせしてくれる。

聞く分には、最高のアイテムだが実際使用してみた感じは、かなりコツがいる。

神経質な方は購入しない方がいいかもしれない。

介護する側・介護される側の双方に、正しく使用すればメリットがある。

知っておいて損はないアイテムだ。 だが、忘れるな。 おむつは外すものだ。

スポンサーリンク