おすすめ記事
スポンサーリンク

これからは、おむつではなくホルダーパンツの時代である

おむつは、外側に使う「アウター」と、内側に使う「インナー」を組み合わせて使用します。



これまで、アウター(外側のおむつやパンツ)といれば、パンツ型紙おむつかテープ止めタイプの2パターンが主流だったわけですが、最近は、ホルダーパンツが人気となっています。

 

どうしてホルダーパンツが良いのか??

1:布製パンツだから、紙パンツに比べて通気性が良い

2:全面に伸縮性があるので、体にフィットして横漏れが少ない。

3:幅広い尿とりパッドに対応している。

4:コスパがいい。

5:おむつ交換時に、ズボンを脱がす必要がない。

 


動画を見ていただくと分かると思いますが、ゴワゴワ感も少ないですし、おむつ交換の際に、わざわざズボンを脱がす必要性がないので、介護負担の面でも大変助かります。

ホルダーパンツの対象は?


歩行が自立している方が対象と思われがちだが、ベッドサイドの方でも使用できる可能性はある。

 

早速、オムツマンが「LaSiQu(ラシク)」を履いてみた

とくに普段履いている下着と変わらない肌触りであった。パッドを挿入してもピタッとしており、見た目も悪くない。両開きでボタンで簡単装着ができるが、片麻痺の方が片手で操作するとなると、少し厳しいだろう。

パッドのサイズは、幅広く対応可能である。

後ろ姿も、すっきりしていますよね。

女性用はこちら

オムツマンが「イフ・イフ」を履いてみた

「イフ・イフ」は両開き部分がマジックテープとなっており、長さも余計部のあたりまでと「LaSiQu(ラシク)」よりも短い。マジックテープであれば、片麻痺の方でも一人で装着可能かもしれない。

購入はこちらから

購入はこちらのサイトからお申し込みください。

排せつ支援加算について

https://p-sukeblog.com/excretion-support-addition/

最近では、排せつ支援加算の関係でも、排泄自立にむけてチームで取り組んでいる施設も増えてきました。

排尿自立指導料について

http://kenji7.main.jp/2016/06/16/omutsu4/

排尿自立指導料も、まだまだ算定しているところは少ないですが、関心のある病院は増えていることは確かです。

おむつトラブル110番: 高齢者のQOLを高めて介護者の悩みも解決! (もっと介護力!シリーズ)

おむつトラブル110番: 高齢者のQOLを高めて介護者の悩みも解決! (もっと介護力!シリーズ)

浜田 きよ子
1,944円(03/26 09:47時点)
発売日: 2015/03/02
Amazonの情報を掲載しています
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事