おすすめ記事
スポンサーリンク

グーテンアーベント(こんばんは)。

オムツマン

ドイツ語を授業で習ったはずだが、挨拶すら覚えていないオムツマンだ。

さて本日は、最近発売された膀胱内の尿量を簡便に見える化できる装置「リリアムスポット」を紹介するぞ。

リリアム大塚って''リリアムα-200''を出している会社よね?また新しい商品を出したの?

今回の最大の特徴は安価で医療機器ではないことだ。つまり非医療機器として看護師などの医療スタッフが使用するものではなく、家族でも安心して使用できる商品だ。介護施設や訪問介護ステーションにも一台置いてあると大変便利だぞ。

リリアムα-200の記事はこちらをみてくれ。

リリアムα-200がリリアムスポットと比較して優れていた点として、膀胱内の尿量が可視化されていることが挙げられる。充電池が内臓されていることもメリットの一つだ。

【新商品】リリアムスポットの手順【使用方法】


1:キャップを外して超音波ジェルを塗ろう。

超音波のジェル

少し多めに塗るのがポイントだ。下の毛が多いとと測定に影響を及ぼすことは覚えておこう。

2:恥骨の位置を確認する。

恥骨を探そう

お臍から下に順に辿っていくと、固いものに触れる。それが恥骨だ(毛の生え際あたりが目印)。

恥骨の位置が分からなければ、以下の記事を見てみよう。

:ボタンを長押しして電源をいれると、ガイダンスが始まるぞ。「ジェルを塗り、恥骨においてください」と。本体を恥骨に置いてボタンを再度ボタンを押して測定スタート」。この時、半円から円が現れるが、この動きで膀胱全体のサーチをしているらしい。
リリアムスポット1
4:膀胱の位置が分かれば、自動的に「Measuring」と表示される。恥骨方向に少し戻すように体から離さずにゆっくりと戻す。
リリアムスポット2

5:矢印を円の中央線に合わせるように、動かしていく。中心だと「ピッ、ピッ、ピッ」と音がなるので分かりやすい。中央線にあったら、動かさないように待つ。

 

リリアムスポット3
6:自動的に結果が表示される。尿量により5段階表示になっている。膀胱にあまり尿が溜まっていない、もしくはうまく測定できていない場合は写真右の表示になる。もう一度やり直してみよう。
リリアムスポットの結果

リリアムスポットの測定姿勢

リリアムシウポットは座位でも測定可能

上向きで寝た状態(背臥位)が推奨されているが、忙しい介護現場でベッドに寝させて測定するのは効率が悪すぎる。

椅子座位でどれほど誤差があるか実験してみたぞ。

椅子に浅く座り、骨盤を後傾させ背もたれにもたれかかれば、問題なく計測できた。

ベッドのギャッジアップを使用しても測定可能だ。

どんな方にリリアムスポットは使用できそうか?

1:導尿している方
自分1人で操作できるため、導尿前後の残尿チェックにも使用できる。

2:頻尿の方
頻尿の方は、残尿量が多い場合もあるので、残尿チェックに使用できる。男性の前立腺肥大症の方にもオススメだ。膀胱訓練をする際にも、とても便利なアイテムだ。

3:認知症の方
介護スタッフ側からも、排尿後すぐに「トイレ連れてってー」と言われる蓄尿の把握が難しい方に、介護する・介護される双方が納得してもらう材料として、膀胱内尿量チェックに使用できる。

どんな現場で使用できそうか?

リリアムα-200はどちらかといれば、医師・看護師が扱う病院・施設向けの医療機器であったが、リリアムスポットは、排尿トラブルを抱えた方、介護職員、家族など幅広い方が簡便に使用することが期待される。

まとめ【20秒で測定完了】


排尿タイミング予測支援デバイスである「リリアムSPOT」を買ってみた。
排泄は人間の尊厳における最後の砦だ。誰もが排泄に関しては、人のお世話になりたくないと思っているはずだ。介護で困ったことは、「排泄」→「入浴」→「食事」の順であると報告されており、排泄の介護負担軽減は早急の課題であることが分かる。さらには、尿トラブルが外出制限につながり、サルコペニア(筋肉減少症)、フレイル(虚弱)のリスクも高まっていることが分かってきたぞ。

これまで高価だった超音波膀胱内尿量測定器が10万円をきったことで、介護施設で普及していき、介護する側・される側にとっても重要な商品になることを期待しているぞ。

さらには、尿トラブルを抱えた方の多くは泌尿器科受診をしていないが、リリアムスポットでの測定が受診のきっかけになると良い。

詳細はリリアム大塚の公式ページを見てくれ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事