尿失禁(尿漏れ)に必要な解剖学と排尿のメカニズム

スポンサーリンク

排尿のメカニズム(仕組み)について教えなさいよ。

しょーがねーなー。

 

本日は、「排泄のしくみ」。

特に、下部尿路の解剖と排尿のメカニズムについて説明していくよ。

下部尿路の解剖学(男性と女性の違い)

男性と女性の下部尿路

男性で特徴的なのは、尿度に巻きつく「前立腺」。

女性で特徴的なのは、「膣」、「子宮」。

構造的に、男性は尿が漏れにくいが、尿排出障害はおきやすく、女性は尿排出障害はおきにくいが、尿が漏れやすい。

さて、ここで問題です。

膀胱にはどれくらいの尿を溜めることができると思いますか?

答えは300〜500mlです。

 

では第2問。

男性の尿道は女性に比べて、◯倍長いと思いますか?

答えは約4倍です。

 

男性は20㎝程度。女子は5㎝程度と4倍くらい差があります。

このことが、服説性尿失禁で女性が尿漏れしやすい理由のひとつです。

尿失禁の種類についてはこちらから。

高齢者にみられる尿失禁(尿漏れ)の種類は?

2018.09.03

排尿のメカニズム(蓄尿・排尿)

メカニズム 蓄尿 排尿

スポンサーリンク

尿を溜める(蓄尿)の際には、交感神経が働き、膀胱排尿筋を弛緩させ、膀胱括約筋をビシッと収縮することによって、尿を漏らすことなく溜めることができます。

尿を出す(排尿)の際には、副交感神経が働き、膀胱排尿筋を収縮させ、膀胱括約筋をユル〜と弛緩させることによって、尿を排出することができる。

ここからは、またクイズ形式で学んでいこう。

では、第3問。

1日(24時間)の尿量はどれくらいだと思いますか?

答えは1000〜1500mlです。

 

ただ、注意が必要なのは、体重によっても変わってくる。

目安となるのは、「体重×24」

体重が50キロであれは、50×24=1,200mlとなる。

 

第4問。

1日の排尿回数は(昼間と夜間)?

答えは4〜7回(そのうち眠っている間は0〜1回)です。

 

頻尿の定義は、本人の愁訴なので、具体的な数ではなうが、泌尿器科では「日中10回以上、夜間2〜3回以上」排尿があると頻尿となる場合が多い。

 

第5問。

尿意は膀胱にどれくらい尿が溜まったら感じると思いますか?

答えは初発尿意は150mlです(個人差あり)。

 

リリアムα-200 膀胱 残尿

実際、どれくらい溜まっているかは、「リリアムα-200」を使用して測定してみた記事はこちらです。

リリアムα-200を使ってみた -頻尿の方は膀胱内の尿量を知ろう-

2018.05.08

まとめ

最後に基準値をおさらいしよう。

膀胱容量(ml)は300〜500。

尿道の長さ(㎝)男性:約20、女性:約5。

1日の尿量(ml)は1000〜1500。目安として体重×24。

1日の排尿回数(回)は4〜7。日中頻尿:10回以上、夜間頻尿;2〜3回以上となれば一度、泌尿器科へ。

初発尿意(ml)は150。

基準値が分かっていないと、比較できないので、必ず覚えておくように!

スポンサーリンク