災害時のトイレ事情 -非常食だけでなく携帯トイレの重要性-

スポンサーリンク

災害時のトイレ事情

災害が起きると、深刻なのがトイレ問題。断水や排水管の損傷でトイレの水が流れないことが起きることをあなたは知っていますか?昨今、災害国日本ではメディアで非常食・水に関しては、2週間分蓄えておきましょうとアナウンスしていますので、だいぶ浸透してきた気はしていますが、「携帯トイレ」まではなかなか準備できていないのではないでしょうか?

災害時のトイレは地獄

「便器は無事だったが、水の備蓄がなくて流せなかった」
「尿は便器にためて1日1回、くみ置き水で流した。便は新聞紙に取ってポリ袋にためた」
「仮設トイレは遠かったので、庭に穴を掘って排せつ物を埋めた」
「満潮時に便器から下水が逆流してきた」
「便器に水を張らないと排水管の臭いがした」

「携帯用トレイ」を準備しておこう

ポイレット 災害 オムツマン 簡単トイレ 携帯トイレ

今回紹介するのは、「ポイレット」。方法はとても簡単で、家庭用トレイに以下のように被せるだけ。ポリマーで尿をしっかり吸収してくれる。小便であれば3〜4回分(最大1100cc)可能。自然に固まるので、あとは捨てるだけ。臭いもほとんど気にならない優れもの。

スポンサーリンク

携帯トイレ 災害

災害が来てからでは手遅れだ。一家に一つは購入しておくことをオススメする。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です