排泄関連サイト

スポンサーリンク

愛知排泄ケア研究会

排泄ケアに関する知識の啓蒙や教育、排泄ケアに関わる多職種の連携、排泄ケア専門コメディカルの養成などを目指して、平成14年に創設される。愛知排泄ケア研究会では、毎月の勉強会を行い、ケアマネージャー、介護ヘルパー、看護師、介護福祉士、理学療法士、医師など多岐にわたる会員の知識・技術の向上を図るとともに、毎年排泄ケア専門コメディカル「排泄機能指導士」の養成を行っている。

DASUケア

おむつメーカーにも勤務経験があり、さらに介護士として現場目線でも排泄を考えられるスペシャリスト大関さんが代表。シッカリ出して、スッキリ生きる。単なる排泄だけじゃなく、必要の無くなった想いまで。より良く出すところから、すべては始まる。そんなお手伝いをさせて下さい。

日本老年泌尿器科学会

 日本老年泌尿器科学会は1989年に老人泌尿器科研究会として発足し、その後、老人泌尿器科学会、2002年よりは老年泌尿器科学会に、そして2004年には日本老年泌尿器科学会に改称し、現在に至っています。本会は高齢者や障害を持つ人の排尿の管理や、泌尿器科疾患を持つ高齢者の様々な問題について研究し、その人たちの生活の質を改善することを目指す学会です。これらの事業の一環として2003年に当学会で「高齢者排尿障害マニュアル」を作成しました。これは、高齢者の排尿障害を泌尿器科以外の医師・看護師・介護師が扱う場合の指針として作成されたもので、各方面からも高い評価を頂いております。また2004年から、より専門的な評価が必要な場合の相談先として「排尿管理相談員」を設け、対応することにしました。これは学会員有志(ボランティア)で構成されています。

日本女性骨盤底医学会(旧・日本ウロギネコロジー研究会) 

日本女性骨盤底医学会(旧・日本ウロギネコロジー研究会)は全国の産婦人科医、泌尿器科医、下部消化管外科医、看護師などが参加する学会です。子宮脱、膀胱瘤、尿失禁などの骨盤底臓器のゆるみに起因する疾病の診断や治療の研究を行っており、会員に医学情報を提供しています。新規の入会も受け付けています。

日本骨盤臓器脱手術学会

この学会は、骨盤臓器脱手術の手技向上を目的に、種々の問題点を討議するために組織されました。ここに集う泌尿器科医と婦人科医は、互いの知識や技術を学び合い治療に生かしています。会員専用ページでは、手術動画も紹介しております。骨盤臓器脱手術に興味のある医師はどうぞご参加ください。

日本産科婦人科学会

日本産科婦人科学会の目的は、「産科学及び婦人科学の進歩・発展を図りもって人類・社会の福祉に貢献 すること」と、定款に記載されています。本会は学術団体ですが、専門家集団として我が国の産婦人科を取り巻く環境の変化に対応し、女性と生まれてくる子供たちの幸せのために、社会全般と広く係わっていかなければならなくなっています。

日本泌尿器科学会

 日本泌尿器科学会は法人化後2年が過ぎ、会員も8200人を超えて参りました。泌尿器科は内科的要素と外科的要素とが融合した魅力ある診療科として継続的に発展してきており、基幹学会としての本学会が優れた先端的な医学研究の推進、高度な医療技術の開発と提供、優秀な泌尿器科医の育成、信頼できる地域医療の確立を目指し、国民の健康増進のため今後もさまざまな改革を進めていくべきであると思っています。

被災者をNPOとつないで支える合同プロジェクト

避難所で状況悪化者を出さないために、特別な拝領を必要とする方々(妊産婦・乳幼児・子供・軽度の要介護者・高齢者・外国人・障害者・アレルギー、難病患者・精神的な支援を必要とするかた・女性への配慮など)のお困りごとを発見し、専門性を持つNPO、機関などからの支援とつなぐプロジェクト。

RQ市民災害救援センター

この度の東日本大震災において行政や自衛隊などがなかなか行かれない小さな避難所をきめ細かくまわって災害支援を行っている団体です。支援の要請、支援のお申し出は是非こちらへご連絡ください。日本コンチネンス協会は、RQスタッフとともに支援物資の供給また避難場所、施設等を訪問しコンチネンスケアの支援を行っています。

スポンサーリンク

日本コンチネンス協会 北海道支部

支部初のWebsite/定例会情報、何でも相談掲示板、ショッピングサイト

日本コンチネンス協会 首都圏支部

支部のWebsite第2弾/定例会案内、悩み相談、出前講座

日本コンチネンス協会 北陸支部

支部のWebsite第3弾/支部の歩み、コンチネンス悩み相談等々

日本コンチネンス協会 長野支部

支部のWebsite第4弾/支部紹介、定例会、セミナー情報

むつき庵

排泄総合研究所代表の浜田きよ子氏が主宰。オムツを主に排泄に関わる製品の展示・販売、及び研修。

快適な排尿をめざす全国ネットの会

医師、医療関係者や排尿障害の患者さん、さらに患者さんのご家族に対して、排尿疾患に関する情報を公開し、排尿障害の患者さんへの支援をおこなっています。

公益社団法人 日本オストミー協会

日本オストミー協会は、オストメイト(人工肛門・人工膀胱保有者)が安心して暮らせる社会を目指しているオストメイトによるオストメイトのための障害者団体です。

社会福祉・医療事業団

福祉保険医療情報ネットワークです。介護保険関連の情報もあります。高齢者・障害者の在宅福祉サービス実施団体の情報、子育て支援に関する文献、子育て支援団体の情報、障害者スポーツに関する文献及び障害者スポーツ団体の情報等が検索できます。

独立行政法人労働者健康福祉機構 総合せき損センター

総合せき損センターは、脊髄損傷の急性期から、リハビリ、社会復帰 にいたるまでを一貫して治療する、日本で 唯一の専門施設です。

公益財団法人テクノエイド協会

福祉用具情報システム(TAIS)があります。内容はテクノエイド協会発行の福祉用具分類コードカタログをみることができます。このカタログは福祉用具全体が見ることができるので、専門家の間で重宝しています。内容は福祉用具分類コードにしたがって用具を分類し、全国福祉用具事業者協議会に登録された用具を紹介しています。その他福祉用具の選び方使い方情報、介護保険給付福祉用具情報、福祉用具開発者向情報、福祉用具専門職ガイド、出版案内等。

International Continence Society

ICS officeはInternational Continence Society (ICS:国際禁制学会)の公式ネットワークです。もちろん我らのJCASも日本からNETの仲間入りをしています。

海外サイト

イギリス

オーストラリア

カナダ

フランス

Association d’Aide aux Personners Incontinentes

ドイツ

韓国

Korea Continence Foundation(英語)

オランダ

スウェーデン

Continence Worldwide

ノルウェー

アメリカ

スポンサーリンク